スターウォーズの惑星いろいろ

starwars11 (5)

スターウォーズのいろいろな惑星についての解説です。ダークサイドなスターウォーズTシャツも見てくださいね。

氷の惑星ホスは同名の星系に属する第6惑星である。ホスの地表は一面が常に雪と氷に覆われており、人間が居住することは不可能だが、実際にはワンパやトーントーンなどの様々な生態系か存在している。また、一部には活火山も確認されており、赤道付近の深い氷
の断屑の下には草原も広がっている。そこで採集されるラムニースバイスは稀少価値があり、法外な価格で取引されている。一方で、ホスの内側を周回する5つの惑星には全く生命体は存在していな
い。ヤヴィン基地から撤退した反乱軍は帝同軍の捜索を避けるため、あえてこのような惑星に秘密基地を設立したが、やがてホス基地も帝国軍の知るところとなり、総攻撃を受けて再び撤退を余儀なくされた。

アクバー提督らモン・カラマリの出身地である平和な海洋惑星。惑星衣面のほぽ全体が海になっており、水面にいくつかの巨大ドーム型部市が点在している。
鉱物資源の採掘が雌しいため技術の進歩は他の惑星の人類より遅かったが、海底に住むもう1つの知的種族クオレンたちの協力で、高度な科学文明が築きしげられた。そしてモン・カラマリたちは宇宙船の製造に成功し、銀河に進出するようなったが、クオレンの多
くは海底での生活を好み、故郷を離れるものは少なかった。帝国はこの惑星を発見した際、エイリアン蔑視の政策によってモン・カラマリたちの奴隷化を行い、反抗するとドーム都巾を次々と破壌し
ていった。

ヤヴィンは赤く輝く巨人なガス状惑星であり、生命体は存在していないかに思えるが、大気圏の上層部にはガス袋状の奇妙な遺物か数種類確認されている。また、ヤヴィンには多くの衛星があるが、特に第4衛星は緑が生い茂るジャングル衛星であり、多くの生命体に
満ち溢れている。ジャングルの中にはマサッシと呼ばれる占代部族の寺院が点在している。

約4000年前にシスの暗黒卿エグザ・キューンが自らの信仰の地としようとした場所でもある。キューンは彼の野望を阻止しようとする勇敢な共和国軍のジェダイたちによって滅ぼされたか、死の前にマサッシたちの生命エネルギーを吸収し、来るべき復活の日に備えているのである。しかし、そのことはほとんど知られておらず、マサッシの姿が消えたのは、他の惑星へ移住したからだと考えられていた。後に反乱軍は彼らのぶ院を改造して秘密基地として利用することになる。

SHARE Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook