スターウォーズの設定

starwars11 (1)

スターウォーズの設定についてご紹介。
スターウォーズTシャツも要チェックです。

スター・ウォーズは言うまでもなく我々のそれとは違った未知の銀河系での物語だ。
そこには我々の地球と同じように多くの生物が生活を営む惑星が無数に存在している。
旧三部作で重要な舞台となったタトゥイーンやホスといった惑星、そしてちらっとセリフに出てきただけの惑星や、セリフにすら登場しないがスター・ウォーズーユニバースを語る上で外すことの出来ないいくつかの我要な惑星の位置関係を示したものである。
そして、それに続いて図中の各惑星の簡単な解説を記した。ぜひスター・ウォーズの世界観を堪能し
てほしい。もう一度旧3部作を見直した時、また違った発見があるかもしれない。

エンドアはコアから遠く離れたモッデルーセクターのエンドア星系に属する同名のガス惑星である。しかし、一般にエンドアというと、惑星エンドアを巡る縁の月を指すことが多い。エンドアは銀河大戦の最後の戦いが繰り広げられた場所であり、帝国の崩壊が始まった場所でもある。緑と水に恵まているが、特に知性を持ったイウォークたちはエンドアの戦いで反乱軍に協力した英雄である。帝国軍はこの未開の衛星に第2デスースターのシールド発生装置を建造したが、イウォークたちの原始的な攻撃の前に敗れてしまう。

オードーマンテルはみすぼらしい宇宙パイロットや密輸業者の溜まり場となっている不穏な惑星である。しかし、およそ1万2000年前にコレリア人が旧共和国軍の軍事偵察基地を設立した際は、栄光の惑星と謳われていた。その後、共和国が新たな交易ルートを確立すると、オードーマンテルは自山港となり、徐々に違法な物品の収引が横行するようになったのである。現在は一大ギャンブル街として栄えており、郊外の田園都市を除けば治安も悪く、プラスターの携帯は欠かせない。ヤヴィンの戦い後、ルークやハンの一行
はこの惑星を訪れ、ハンを狙う賞金稼ぎの一回と遭遇する。彼らは危うく難を逃れるが、ハンはこの事件をきっかけに、ジャバザハットヘの借金返済を真剣に考えるようになったのである。
 オルデランは旧共和国、帝国の中心的メンバーの一員であり、銀河系で最も自然の美しい惑星の1つだった。レイアの養父であり、総督と議長を兼任するベイル・オーガナはクローン大戦の恐怖を繰り返さないためにオルデランの完全非武装化を宣言し、すべての軍事力の放棄を行った。しかし、皇帝の掲げ

SHARE Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook