スターウォーズの惑星いろいろ

starwars11 (3)

スターウォーズの惑星などの世界の説明です。
ゴッドファーザー風スターウォーズTシャツもお勧めです。

太古の世に滅び、ハットたちは故郷として惑星エヴォカーに関心を示した。
そして、悪知恵の働くハットたちはエヴォカーの先住民族を騙し、惑星をまるごと手に入れたのである。原住民たちは旧共和国のジェダイ騎士団に訴えを起こしたが、ハツトは法の抜け道を心得ており、ジェダイたちにもどうすることも出来なかったという。彼らはエヴォカーをハット語で「輝ける宝石」を意味するナルーハッタに改名し、現存していた建物をすべて破壊し、豪華な宮殿や巨大娯
楽施設を建設していった。ハットは以前から宇仰港として栄えていた衛星ナー・シヤッダも支配下に置いているため、数多くの密輸業者や賞金稼ぎたちもよく訪れている。

ナプーは旧共和国の古くからのメンバーだった小さな惑星である。人間と爬虫類型エイリアンのガンガンという2つの全く異なる文明が共存し、人工はまばらで海岸が多く、その自然美は地表を飾る装飾品のようだと言われている。

この惑星の地質学的構造は非常にユニークで、中心部分も溶解したマグマではなく、すべてが穴で出来ている。そこには数多くの沼が点在している。これらの沼には数多くの危険な口人生物が多く住んでいるため、人々はあまり近づこうとしない。『エピソード1』の物語はこの惑星からはじまり、アナキンの妻となって後にルークとレイアを産むアミダラや、後に皇帝となるパルパティン元老院議員もこの惑星の出身だ。

ベスピンは同名の星系に属する巨大ガス状惑星である。中心部は硬い金属核だが、その周りはレシンと呼ばれる液体金属で覆われており、この惑星の重要な資源であるティバナーガスを排出している。その上空は雲の惑星の名のとおり、厚い雲の層で覆われており、多種多様な飛行生物たちが生息している。また、雲の中にはクラウドーシティをはじめとするいくつかの浮遊都市や施設が点在し、人々は主にティバナ・ガスの採集と加工を行っている。ランド・カルリシアンは前執政竹のレイナーとのサバックの勝負で勝利し、クラウドーシティ執政官の座を手に入れた。しかし、クラウドーシテ
ィはハン・ソロの一行を追う帝国軍に占領されてしまい、ランドはレイアらとハンに脱出を余儀なくされたのである。

SHARE Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook