スターウォーズ惑星の解説

starwars11 (4)

スターウォーズの惑星などのロケーション解説です。starwarsTシャツも要チェックです。

ダントゥイーンは銀河の主要な航路から遠く離れた孤立した惑星である。そのため反乱軍の秘密基地にふさわしい場所となり、彼らの初期の軍傴拠点として利用されていた。既に破棄されたが、秘密基地はレンガで造られたプレハブ施設であり、広大な平原の上の川か
らもそれほど遠くない場所に建てられていた。ダントゥイーンの陸地の大部分は草の多いサバンナ地帯であり、そこには緩やかな傾斜の丘が点在している。
草原の上では毛の多い草食勁物たちが小さな群れを作って徘徊し、空には輝く風船のような生物の群れが飛び回っている。劇中では「新たなる希望」で反乱軍の秘密基地の在処を尋問されるレイアのセリフにのみ登場している。

伝統的に資質の高いパイロットを多く輩出している。同様にこの惑星には造船施設も整っており、数多くの宇宙船製造メーカーが拠点を構えている。この星系の他の居住惑星はセロニア、トロール、ダラス、トララスであるが、1つの星系に5つもの居住惑星が存在することは偶然では考えられないことである。
後にそれらが巨大なリパルサー装置によって人為的に集められたものであることか判明したが、いつ、誰が、何のためにそんなことを行ったのかは謎に包まれている。

                  
ダゴバの圧倒されるような大気を「感知可能な悪魔」であると語っている。また、この惑星には長年にわたってジェダイマスターのヨーダが住んでいるが、それもごくわずかにしか知られておらず、彼
がなぜダゴバに住んでいるのかも現在の
ところは不明である。

辺境に位置する砂漠の惑星。灼熱の二重太陽にさらされているため地表のほぼ全体が砂漠化している。もともと人が住める惑星ではないと考えられていたが、貴重な鉱物が埋もれていると言われ、多くの入植者がやってきた。しかし、結局はなにも発見されず、全財産
を失った入植者たちは、この惑星を出られずに水分農夫などを営みつつ厳しい生活を送っている。帝国の中枢から遠く離れているために違法な取引が横行し、密輸業軒や賞金稼ぎたちにとっては絶好
の愉報交換所となっている。ルークが青年時代を過ごしたのもこの惑星であり、その父であるアナキンも少年時代をこの惑星で奴隷として過ごしていた。砂漠以外にこれといった特酘はなにもない。

ダゴバはスルイスーセクターに属する同名の星系の第1惑星であり、星図や航行記録にも所在が記載されているが、実際に訪問しようとした者はほとんどいない。厚い公に枚われたダゴバは原始的
なジャングル惑星であり、あらゆる種飢の助物や鳥類、昆虫、植物か栄えている。地衣の人部分は鬱屈とした沼地に覆われているが、その中にも極めて危険な生物が生息している。この惑星は人類の居住には適しておらず、何度か探索か行われたか成功した者は一人もいない。

SHARE Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook