スターウォーズロケーション解説

starwars11 (2)

スターウォーズの惑星などのロケーション解説です。ダークファーザーTシャツもチェックしてね。

オルデランは非公式に反乱を支持するようになり、帝国の反感を招くことになった。そして、ついにグランド・モフ・ターキンは皇帝に対する反逆の見せしめとして、新兵器デスースターによってオル
デランを破壊してしまったのである。
銀河一の楽園は一瞬にして宇宙の塵と化したが、その美しい面影は再び銀河に平和が訪れるまで、人々の心の中に残り続けている。

チューバッカらウーキーの出身惑星。雲の上にまでそそり立つ巨大な樹木に覆われたジャングル惑星で、ウーキーたちは樹木の上に都市を築き上げて生活している。ウーキーたちは原始的な外見に反して実に高度な科学技術を有しており、樹上都市から地表に降りるリフトカーも完備されている。しかし、ジャングルの下には血に飢えた肉食獣や危険な植物も多く、有能なハンターでなければ生きて帰ってくることは難しい。特に外界人にとってこの惑星は死の環境で
あり、小規模な宇宙港も存在するが、進んで訪れる者は少ない。素晴らしい体力と知性を兼ね備えたウーキーたちは帝国にとって格好の奴隷となった。帝国は多くのウーキーを捕らえ、強制労働に使っていた。チューバッカもその一人だったが、後にハンに救助され、伝統的な「命の借り」を全うするために彼に付き従っている。

ケッセルは小さな卵型惑星で、軌道には小惑星のような術星が周同しており、その向こうにはブラックホールの集合体である不気味なモー星団が広がっている。重力が弱いため常に大気が流出しており、さらにモー星団からの放射線も強烈であるため、地表は不毛の荒野で、生活するには呼吸マスクが必要不可欠である。また、この惑星は屈強な囚人たちのための流刑惑星にもなっており、スパイスの生産地や密輸業者の大規模な活動拠点としても有名である。特に
この惑星でしか産出されないグリッタースチームースパイスは貴重な輪出品であり、密輸業者の出人りは後を絶たない。
劇中では『新たなる希望』でC3POのセリフの中に1回登場するのみである。

 歴史が始まってから現在に至るまで常に銀河系の政治と文化の中心地だった惑星。銀河系の標準時間はすべてこの惑星の暦を基準に定められている。コルサントでは旧共和国の初期の時代から、数千世代にわたって上空へ積み重ねるように街が築かれている。
上層部にはインペリアルーパレスをはじめとする帝国の主要施設、様々な博物館や美術館、動植物園、歓楽街、宇宙港などが軒を並べ、上空には無数のスピーダーや宇宙船が飛び交っているが、文明
に見捨てられた下層部は腐敗しており、不気味な生物やかつては人問だったと思われる怪物たちが無数に徘徊している。
また、この惑星の軌道は太陽から遠く離れているため全体的に気温が低く、軌道に設置された巨大なミラーによって太陽光の増幅を行い、気温を上昇させている。
コレリアはコレリアン星系に属する5つの居住惑星の1つで、(ンーソロやウェッジなどの出身惑星でもある。

SHARE Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook