スターウォーズの戦艦・宇宙船の説明

starwars11

スターウォーズの映画に出てくる戦艦・宇宙船の説明です。
スターウォーズTシャツも要チェック!

■エスコートーフリゲート
正式名称KDYネビュロンBフリゲート。反乱軍の小型職闘機に手を焼いた帝国軍が、スター・デストロイヤーより小型で機助性が高く、さらにTIEの収容が可能な戦艦という要求を出して製造された中型艦である。火際にネビュロンBがスター・デストロイヤーの護衛として随行するようになると、ターボレーザーによる破壊力と、小回りの利く高機動力によって反乱軍の職闘機はことごとく撃破されるようになった。これによって、反乱軍はここの戦いを艮引かせることができなくなり、その後の戦いで一撃離脱戦法が多用されるようになったのである。「帝国の逆襲」で反乱軍の病院船として登場する艦は、反乱軍が捕獲に成功し改造を施したものである。

■センチネル級シャトル
シーナー社のセンチネル級シャトルは同社のラムダ級シャトルを改造し、乗員スペースを拡張した機体である。主な川途は職艦から惑星に兵Uを降下させる上陸艇であり、54人のストームトルーパーと6台のスピーダー・バイクを収容することができる。このように特別な川途のシャトルではあるか、地上降下の際は敵の攻撃も激しいことが予想されるため、武装やシールドはラムダ級と同程度の強力なものが用意されており、バイパードライブも搭載している。劇中では「新たなる希望〈特別篇〉」で、R2・D2とC・3POを捜索するためにタトゥイーンヘトルーパーを降下させるために使用されている。

-アウトライダーコレリアンYT‐2400貨物艇を改良強化したダッシユーレンダーの愛機。〈ファルコン〉の原型であるYT‐1300の上位モデルで、デザインもより斬新な形に変更され、エンジン出力、武装、防御装備など、すべての性能で上回っている。さらにダッシュは予備エンジンをより高性能なパーツに交換し、ハイパードライブやシールド発生装置も強化している。しかし改造の度合いは〈ファルコン〉の方がはるかに上である。

カラマリークルーザーはモン・カラマリによって製造された深宇宙
遊覧船だったが、カラマリが反乱軍に参加した際に戦艦として改造され、スター・デストロイヤーに対抗できる反乱軍で初の大型職艦となった。
モン・カラマリにとってこれ自体は芸術品であり、すべての機体が1隻1隻違った形状をしている。また、操縦にもモン・カラマリだけが持つ特別な感覚が必要とされるため、他の札族では操縦することができない。
スター・デストロイヤーと比べて火力の点では劣っているが、各機能の分散化が進んでいるため、一ヶ所の損傷でシールドの消失などの事態に陥ることはない。

■反乱軍輸送艇
反乱軍では物資や兵貝の輸送は重要な任務であり、そのために大量の中型愉送艇が必要とされている。反乱軍で最も一般的に使用されている輸送艇はガロフリー・ヤード社の中型輸送艇である。この機穐は輸送を第一に設計されているため、センサー妨害装置や強力なシールド、厚い甲板に守られてはいるものの、ほぼ完全に非武装
であり、戦場からの撤退などの際には職闘機による護術が不可欠である。

SHARE Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook