映画をモチーフにしたファブリックパネルでお洒落部屋

家具やファブリックパネルの素材感を重視したコーディネートを。
また、ファブリックパネルにコントラストの強い色を使って引き締めるとスタイリッシュなインテリアになります。

好きなピンクでセンスのいい雰囲気にしたい青みがかったピンクなら洗練された印象が

少し濁りのあるダークなピンクは甘さよりもシックでドレッシーな感覚。濃い色なので少量におさえたほうがよく、まわりに白や淡い色、柄などを合わせてバランスをとりましょう。
青みがかったピンクは洗練感のあるクールなインテリアをつくれる色。ファブリックパネルは人工的でモダンな感覚が強いのでシンプルスタイルにも適しており、ピンク本来の甘ったるさはありません。
 ピンクには、女性的で甘くやさしいイメージを抱く人が多いかもしれませんが、それは桜色やベビーピンクといった淡いトーンのソフトなピンク色だけのイメージなのです。
 ピンクにもいろいろあり、青みがかったピンクはとてもクールな色でグレーや黒と合わせると、洗練されたシャープ感のあるモダンな空間がつくれます。
 よりスタイリッシュに見せるなら柄ものは避けて無地で統一するのがベターです。
 また、少し濁りのあるダークなピンクならシックでドレッシーになりますが、ただ分量が多いと品寒々しくないキュートな青色って可能なの?
淡い水色ならソフトで女性的なムードになります
 ピンクとは対照的に男性的でクールなイメージの強い青ですが、淡いパステルトーンの青は、非常にキュートで甘い色です。
 ソフトな水色なら壁やファブリックパネルといった広い面積に使っても抵抗感や寒々しさも少なく、愛らしい柄のファブリックパネルなどを合わせればより女性的なコーディネートが可能です。
 ベッドルームなどムードのほしいスペースは、照明などで陰影をつければ青のもつさびしい印象がやわらぎ、とてもやさしい雰囲気がうまれます。
黄緑かかったソフトなトーンの青ならこんなにもロマンチック。シンメトリーに配したランプやブラケットによる光の効果も手伝ってやさしい雰囲気のベッドルームになっています。

SHARE Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook