映画Tシャツと同じデザインのファブリックパネル

室内をダークな茶色で統一し、茶色で緑取られた2個のファブリックパネルによって変化を。
シンプルな茶色のファブリックパネルによってデザイン性で個性的にした例です。

建具、床、家具に使われる茶色はインテリアの基本色ですが、茶色そのものは繊細でコーディネートの難しい色。同じように見えてもウォームな茶色からクールな茶色とバリエーションが非常に豊か
なので、適当に茶色で統一すると微妙な色みの違いが違和感となり野暮ったく見えます。
 茶色の種類を限定し、しっかりと統一するか、逆に淡い茶色にダ
ークな茶色を入れてめりはりをつけると素敵にまとまります。

 また、個性的なデザインの家具やファブリックパネルでポイントをつくるのもいいでしょう。
床の色よりも濃いベング色の家具をでめりはりをつけた例。クールなベング色の印象に合わせてソファのクッションを同色の濃淡にしてあたたかみをつくっています。
光沢のあるシルクのリネン、ファブリックパネル、艶やかな大理石の床など素材感が全面に出る白の特徴をいかした異素材の組み合わせが楽しいホワイトインテリア。
ダイニングのシャープな黒、額縁の直線的な黒をホワイトインテリアのアクセントにしたコーディネート。黒は少量でも印象が強いのでこれくらいのバランスがハイセンス。

引き締め役をつくるか素材の質感にこだわって
 カラフルな色使いの部屋は色の印象に目が奪われ、多少の雑然感や不揃い感は気にならないものですが、白は色がクリアなぶん、同じ白いファブリックパネルでも光沢の美しいシルクを使えばエレガントに、ざらついたコットンなら素朴にと、素材のグレードと質感がイメージに直結します。

SHARE Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook